中崎に会いにきてくださいね


2014年10月27日月曜日

爽建ハウスリフォーム現場パート1・リビング部スピンオフ施工。

今回は、急遽の事でリフォーム現場のスピンオフの内装の施工を行うことになり、先ずは、キッチン側からの施工です。施工前です。


今回は、既存のクロスを残し天井のみボードで新設しての仕上げでスピンを施工してます。今回の壁面のクロスは、経年変化とタバコのヤニや傷みも結構ありましたので、そのあくを止めるために水性のシーラーやあくどめの水性のケンエースを使用してスピンを仕上げる事を行いました。

結構、大変でした!

良く聞く話ですがスピンはクロスの上からは確かに施工出来ますし、簡単に塗れると言う話もよく聞きます。しかし、必ずその前に下地の汚れやあくどめをの作業を怠らないことです。全てに置いて言えますが、下準備(下地処理)が大切ですので、この分の予算もシッカリとお客様に伝えることも大事ですよ。

仕上がりが下地で全て変わる商品ですので。
で今回はこの行程を終えてシッカリと仕上げることが出来ました。




お客様も、非常に喜んでくれてました。
この現場の第1工事終了です。
自分としても満足してます。
次回は、2期工事は居間とお縁を床のもみの木工事と壁・天井をスピンオフ施工です。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

2014年10月26日日曜日

大分、中津、カリキタ様にて遠赤外線クッキングヒーターDGHセミナー

4ヶ月に1度セミナーを開催してまして、昔からお付き合いをさせて頂いてる企業様です。
午前に4組の新規の施主が来場予定でしたが2組になり、午後は2組の現在使用してる施主向けにアフターセミナーを行いました。

この日は、チョット朝からトラブルがあり、いつもは本社社屋の会議室にて行いますが
今回は、敷地内にあるモデルハウスのキッチンにておこないました。
セミナーの内容はふれませんが、シッカリ遠赤外線での料理と電磁波対策のお話をさせて頂きました。1組の施主は、奥様のお腹に生命が宿ってたからです。
安全で安心は、家族にとって大切なことですね。


午後からは、実際にDGHを使用してる施主の対してにアフターミーティングでした。
非常に色々とお話も頂けました。写真がなくてすいません。
又皆さん、会いましょうね。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

2014年10月24日金曜日

福山~小林(宮崎)・鹿児島出張。

今回は、福山にある企業様へ、弊社社長と訪問しました。商談内容は書けませんが良いお話が出来ました。商談を終え、その日のうちに福山から鹿児島に入りました。新幹線で3時間半位で着きました。速くなりましたね。鹿児島に着き、自分のパートナー企業の社長も合流し会食を行い楽しい時間を共有する事が出来ました。

翌日は、今回の目的でもある小林(宮崎)にある、もみの木の聖地(前田産業様とマルサ工業様の工場視察です。)先ずは、前田産業様へ訪問しました。



いつ来ても、良いですね。

見て下さいこの丸太。テンションがグッと上がりますよ。
まぁ~デカイもみの木がありました。うちの社長よりデカイでしょ!


この日もたくさんのもみの木が乾燥されてます。
改めて手間暇かけて作られることの大事さを再度確認できました。


前田産業様の工場見学後はみんなで昼食を行いました。
ここでも楽しい時間を皆さんと過ごせました。

そして、マルサ工業様へ移動し工場見学と打ち合わせを行いました。
ここでも、内容の濃い打ち合わせが出来ました。


打ち合わせ後、最後に鹿児島に移動し、マルサ工業佐藤社長宅の見学をさせて頂きました。
完成して初めて行きましたが、凄いの一言です。


2日間内容の濃い日程を終え、福岡に帰社しました。
今回の内容を行って良かったではなく、形変えて伝えて行こうと確信をさらに、パートナー企業の社長と体感することが出来ました。
帰り皆と夕食前に桜島を写真撮らせてもらいました。
この日は、噴火も結構してました。夕方の桜島も綺麗でしたので写真撮ってみました。


湖畔に写る桜島も素敵でした。

次回は、桜島に渡って見たいものです。

今回の出会いに感謝です。ありがとうございました。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

2014年10月19日日曜日

10月中旬、もみの木の家 完成しました

もみの木の家がやっと出来ました。 長かった様で、短かった様な床材はカナダ産とドイツ産のもみの木を使用し、 壁、天井は弊社の商品、スピンオフ(遮熱断熱塗料)・羽衣(漆喰)で仕上げてます。

ほぼクロスの無い室内環境と空気感が全く違う家創りに携わることが出来ました。 ここまでに、行き着くまでに色々とパートナー企業様と一緒に学びながら 空気環境を良くするには、どうしたら良いのか?どう作り上げて行くか?を考え、 限られた予算の中で今パートナー企業様が、出来ることを提案してくれました。

パートナー企業様にも感謝です。ありがとうございました。 実際に、お施主様ともお会いしてお話させて頂き喜んでいただいてます。ほんと良かった~。

玄関、上がり框も制作してもらいカナダもみです。


トイレは、床・腰壁カナダもみです。その他は弊社の羽衣(漆喰です) 脱衣場床はカナダもみです。壁は漆喰(羽衣) キッチン床はカナダもみです。


2F寝室もみの木ベットで壁は漆喰(羽衣)・天井はスピンで仕上げてます。 ウォーキンクローゼット 床はもみの木・壁はスピンで仕上げてます。 子供部屋 床はもみの木・天井・壁はスピンで仕上げてます 一部ではございますが、写真を掲載します。


これからが、本当の意味でのお付き合いがはじまります。 入居してからの施主様に体験談を頂きながら家創りをパートナー企業様と楽しんで行きます。 

後、この新築現場に関わってくれた、業者の皆様、職方の皆様に、感謝の一言につきます。 皆さん、お疲れ様でした。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

北九州某事務所リフォーム工事、続編!

前回は8月位でしたか、スピンオフの施工を終えて、商談ルームの天井にもみの木を天井前面に施工しました。 その前に事前に仕入れたユングフラン(ドイツもみの木、羽目板)を現場にて事前に空気に馴染ませる作業です。これを現場にて1~2週間位かけて現場に馴染ませて施工します。


今回は2期工事でして、この部屋は音楽と暖炉を楽しむ部屋でして、大型のスピーカーがありますので、床は大理石・壁は漆喰にて施工してました。天井のみになりましたが、綺麗にユングフラウが施工されてます。棟梁ありがとうございました。




3期工事は、メインでもありますサロン(肌育)を行う部屋です。 ここには、カナダ材、ミネラルストリークを床全面に施工してます。 壁天井は、施工指定漆喰で仕上がってます。 ここでもカナダ材を施工前1~2週間位空気に馴染ませて施工します。


よか感じに施工も出来ました。やっぱり綺麗ですね。 追、座り込んでしまいます。 で、玄関の天井・壁の1部ですが、哲がスピンで仕上げました。


次回は、ゆっくりとこの事務所に伺い活用状況や来場頂いたお客様の声聞いてみたい思います。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

アットハウジングAz徳島店にて もみカフェ

アットハウジングAz徳島店にてもみカフェに参加して来ました。 今回は、徳島に自分の知人ももみカフェに参加させて頂く事になり、急遽徳島入りしました。 岡山から高松に向かう際に撮った瀬戸内海です。綺麗ですよね。ちょっと癒されました。


前日の夜は、徳島に入りAz徳島店のスタッフの方と、弊社の社長と懇親会をさせて頂き 楽しい時間を共有できました。みんな、ありがとございました。 

さて、セミナー当日は、二組の施主と自分の知人も参加させて頂き、 弊社の社長のもみの木をのセミナーを受講しました。


今回は、初めての方がメインでしたので木に着いての基本的なお話を聞くことが出来ました。 自分の知人も喜んで聞いてました。大将ありがとうございました。 そして、いつ聴いてもわかりやすく、引き込まれますね!なんででしょうね?

参加した方しかわからないと思いますので、お家創りの時は、ぜひうちの社長にあって、話してみて色々と相談して見て下さい。間違いなく正しい知識が学べると自分は確信してます。

自分の知人も素直に学べたと喜んで帰って行きました。 大将!次に繋がりました。ありがとうございました。 最後に参加した施主様の子供さんです。


まあよく走り回ってました。 自分にも抱っこされてましたので、写真を撮ってもらいましたよ。 今日の出会いに感謝です。 日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

2014年10月12日日曜日

アットハウジングAz 今治店にて 遠赤外線クッキングヒーターDGHセミナー

今回も台風19号が四国に来る前の日程でセミナーを行いました。 今年は、よく台風に遭遇してます。南からつれてきてるより、付いて来てる見たいな感じがあります。 

さて、今回は、午前に2組でのセミナーでした。 台風の場合は、キャンセルもありますよね。 残念な気もしますが、こればっかりは仕方ないことです。 今回の参加者は全てこれからお家を検討される方ばかりでした。 ですから、必要なもの!欲しいもの!のお話もさせて頂きました。

当然、DGHセミナーですので、調理器具と健康についてをシッカリとお話しました。 質問も多く楽しい時間をありがとうございました。 自分は料理を行いながらセミナーを行ってますが、今回参加された施主の皆様が同じ言葉を言ってましたので紹介しますね。

子供達は、DGHで炊いたお米・ハンバーグを一生懸命美味しく食べてたみたいです。 実際に、参加したお子様たちは、あまりお米を食べないし、家で作ったハンバーグも中々 食べてくれないとことでした。

でも、これが現実の答えなんです。

子供は、大人以上にかんせいを持ってますし、人前でも嫌いなものは嫌いと言葉に表します。 正直、この言葉が、セミナーをやってきて、1番の自分が聞きたい言葉なんですね。

子供は正直ですからね。施主の皆様、食の大事さを感じてくれましたか。 素直な子供達に感謝です。ありがとうございました。

 皆さん、参加してくれてありがとうございました。
また会いましょう。


日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。