中崎に会いにきてくださいね


2015年2月9日月曜日

南九州樅の木研修!

今回は、年末に一緒に参加してくださった企業様の
従業員の方が6名参加して下さいました。

貴重な時間を頂き誠にありがとうございました。

今回の研修は、この企業にて今秋に樅の木を採用して体感宿泊モデルを建築予定の企業様です。参加者は、それを任されるスタッフの皆様でした。

ですが、結論から申し上げますが、今回は残念ながら樅の木に断られました!自分も3年以上、樅の木を扱い沢山の仲間と研修に参加しましたが初めての事でした。自分は、当日福岡から自家用車で車出しをして、合流場所に迎えに行ってました。

昼食の時間に参加者の発した言葉で自分は気付いてました!
こりゃ!もしかすると今回は樅に断られるなと!正直、嫌な予感を感じてました。まっ、これ以上は、書きませんが!

しかし、これだけは今後自分と関わる方もいると思いますので基本的な事を書きます。物事には、全て理由と裏付けとそこで物造り(製品)に対する情熱、樅の木と毎日向き合ってる方の想いがきちんとあるということ。これを忘れないで下さいね。

1番大事なことです。何の研修でもそうですが、関わる人達が皆さんの為に、貴重な時間と代価を費やしてる事を覚えておくこと。経費を使って自分達(参加者)も来てるんだ!という想いをしっかり持つ事。

研修の際に、勘違いしてる人もいます。自分達はお客だと思ってる方もいるでしょう?確かに、一般的にはお客様でしょう。間違い無いです。正しいと思う。でも、商売も何も成立しないうちはお客様じゃありません。残念ですが、自分はそう思う男です。今後、樅の木を一つのアイテムとして採用したいから聞きたいとかも無理です!

断ります!

会社の命令で研修に来たレベルでは、研修に来なくて結構です。

断ります!

研修に参加する方は、必ず経営者(企業)の方向性(樅の木を扱う理由)をしっかり理解して想いを持って学ぶ姿勢を行動と言動と想いでしっかり示すことが大事ですよ。わからない事は聞くこと。素直に興味を持って見る事です。それから考えれば良い!観光に来てるんじゃありません、仕事に来てるのですから、会社は皆さんに時間と経費を投資してくださってますよ。必ず会社に感謝してください。勿論、表敬先企業様にも感謝しましょう。

書きだしたらきりがありません。
(これは、どの企業でも該当します。偉そうにすいません。)

今回、自分としてはこの企業の経営者の皆様に、正直申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分達に時間を投資してくれた経営者の皆様、樅の木に興味を持って頂き感謝します。ですが、樅の木に断られてしまったら2度のチャンスは無いです。

自分は樅の木に活かされ学ばされてます。樅の木が必要として無い方には、樅の木は問答無用に答えを出します。

【たかが樅・されど樅】

弊社代表内藤がいつも自分達に言ってる言葉です。この言葉と共に、樅の木を必要としてる企業やお施主様と日々精進して行きます。


この2日間、マルサ工業様、前田産業様、新建設様、本当にありがとうございました。
又、学びに伺いますので、よろしくお願いします。

日本ISJ研究所 九州支店 中崎。

0 件のコメント:

コメントを投稿