中崎に会いにきてくださいね


2015年4月23日木曜日

ピースホーム樅の木体感ルーム!弊社内装材施工指導Part2

前回の続きで、今日はスピンオフの下塗りと上塗りの仕上げに入ります。 この、スピンオフの施工時に特に気をつけないと行けないのは下地の処理です。 前日に行ったパテ処理の部分を、ペーパーをあてて削って行きます。この時に少しでも下地の処理が上手くいってなかったら塗り始めてパテのラインが出てしまいます。 慎重になる瞬間です。この作業を行い全体的にペーパーあてを終え、塗り始めました。

当初、午前中にはほぼ目処が立つのですが、イレギュラーが発生し1日仕事になっしまいました。 何が起きたのかというと、初めてやると必ず起きるのはやはり下地の処理です! 壁面の縦の下地が出てしまったのです!通常2回塗りでほぼ完璧に納まるのですが今回は4回塗りました!正直、佐藤と焦りましたが、何とか収めることができました! ホッとしましたよ!タカちゃん!びっくりしたよな!俺は、流石に焦ったよ! なんとかなるとは思ったがね!


ほぼ、室内は羽衣の一面を除き、スピンオフにて施工終了しました。 綺麗に仕上がりました。ヤマモト塗装の皆様、ありがとうございました。 何が悪かったのか、原因もしっかりと理解していただけました。 やっぱり下地で変わるね!スピンオフは! で、ヤマモト塗装の皆さんにスピンオフの施工は任せて問題ないです。 これから、お付き合いが始まります。懲りずによろしくお願いします。

今日の出会いに感謝!
日本ISJ研究所 九州支店 中崎でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿